べた基礎工法

べた基礎

べた基礎が標準仕様です。

基礎の高さをGL(敷地の基準点)より、450mm(建築基準法では300mm)にして、床下も420mm確保して、床下点検なども作業しやすくしています。

耐久性に疑問がある基礎パッキンは使用せず、アスファルトルーフィング22kgを敷き、土台を直接基礎にのせて取り付けます。

床下換気口は、ステンレス製防虫ネット付き200mm×400mmを使用しています。

また、全棟について第三者機関による配筋検査も実施。見えなくなってしまうとこだからこそ、気を配っています。


知って得する魔法の“小冊子”限定プレゼント!

  1. ホーム
  2. こだわり+安心の家べた基礎工法