愛媛県四国中央市川之江 N様邸

愛媛県四国中央市川之江 N様邸 愛媛県四国中央市川之江 N様邸 【リフォーム工事】 ・台所、洗面所、トイレ、お風呂のリフォーム ◎築40数年 在来工法木造住宅

リフォーム前の様子 ■  土間の台所

築後40数年が経過した木造住宅。
台所は土間で、昔ながらの日本家屋の姿を残していました。

今回、市役所から汲み取り式トイレを小型合併層の水洗トイレに取り替える為の補助が貰えることになり、これを期に現在の生活様式にマッチした配置変更も同時に行うことになりました。
Re_00_01_01.jpg
■  汲み取り式のトイレ

トイレが汲み取り式だったため、匂いや衛生上の理由から、普段生活の中心である居間などの部屋から、一番離れた遠い場所にトイレが配置されており、年齢から来る足腰の痛みと相まって、毎日の生活の中で相当に不便さを感じておられたようです。

そこで、毎日の生活の中での体への負担を軽減し、快適な生活が送れるよう、トイレの水洗化を期に、トイレやお風呂を、生活の中で大半の時間を過ごす居間や台所の近くに配置を変えることにしました。
Re_00_01_02.jpg
■  台所の土間の段差 また、台所が土間だった為、廊下との段差の昇り降りが足腰に負担をかけていたため、土間に床を設け、床上げすることで段差をなくすことにしました。
Re_00_01_03.jpg
リフォーム途中 ■  風呂、トイレを壊した様子 もともとあった風呂や洗面台を取り壊している様子です。
Re_00_01_04.jpg
■  台所の土間の床上げの様子

床下の高さが十分に取れないため、床下の湿気が懸念されました。

そこで床材は、合板(湿気に弱く、数年で劣化・腐食する場合があり、表面が浮き上がったり、逆に沈み込むなど、ボコボコした状態になり易い)は避け、湿気に強く耐久性の高い「ムク材」を使用しています。
Re_00_01_05.jpg
■  台所の壁下地の様子 台所が間取りの関係上少し暗いので、壁と天井の化粧材に白いものを使い、明るく清潔な雰囲気になるように工夫しています。
Re_00_01_06.jpg
■  畳と床板を除けた様子

畳の部屋を、ベッドを使用するためにフローリングに変更します。

床板を除けて点検したところ、白蟻の発生で木材が大分傷んでいたのに加え、床下の風通しが少し悪いので、木材が蒸せ腐りの状態でした。
Re_00_01_07.jpg
■  石の上に直接柱を立てる工法 現在の様に、コンクリートで基礎を固める工法とは違い、石を並べて基礎とし、外回りはその上に土台を回し、中は柱を直接石の上に立て、差し物で柱を堅めるという、昔ながらの石の上に直接柱を立てる工法が見てとれます。
Re_00_01_08.jpg
長い年月の間に傷んでしまった木材を、補強した様子です。
これで、今後も将来にわたって安心して快適にお住まい頂けるようになりました。
Re_00_01_09.jpg
Re_00_01_10.jpg
■  畳の部屋をフローリングにした様子 足腰の弱ってこられた施主様が、ベッドでの生活を快適に過ごせるように、畳の部屋からフローリングの部屋に床の張替えを行っている様子です。
Re_00_01_11.jpg
■  おいしい湧き水

この現場から少し山間に入ったところに、湧水がありました。

木陰になっていて、水の周り全体が自然のクーラーの様にひんやり涼しく、水は冷たく、飲んでみると少し甘みを感じます。現場に行くたびに、水を飲むのが仕事の合間の小さな楽しみとなりました。
Re_00_01_12.jpg
仕上がりの様子 ■  勝手口の仕上がりの様子

施主様も高齢のため足が少しずつ不自由になってきておられます。

そこで、通常の施工なら台所の上り框には段はないのですが、段差を設けて3段にすることで、昇り降りの際の足への負担を軽減するようにしています。
Re_00_01_13.jpg
さらに、昇り降りの際に楽に体を支えることができるよう、手摺も取り付けています。
Re_00_01_14.jpg
■  洗面所の仕上がりの様子

壁と天井の仕上げ材を湿気にも強く、雰囲気も明るくなるように工夫しています。

これまでは屋外で洗濯機を使用されていましたが、今回のリフォームで室内での洗濯が出来るようにしました。
Re_00_01_15.jpg
■  浴室の仕上がりの様子

清潔で機能的な明るい雰囲気の浴室になりました。

また雨の日でも、浴室に洗濯物を干して乾かすことが出来るように工夫しています。
Re_00_01_16.jpg
■  台所、流し部分の仕上がりの様子 台所は、水や油に強く、掃除がしやすいことが条件です。
今回は、工期短縮と、日々のメンテナンス性の良さを考慮して、パネルで仕上げました。
Re_00_01_17.jpg
■  台所の仕上がりの様子

施工前は昼間でも電気を点けなければならないくらい部屋の中が暗かったのですが、壁や天井の材料を明るくなるように工夫することにより、ご覧のように明るくなりました。

また、洗面所からも明りや風が入るような間取りの工夫をした結果、以前とは見違えるように明るくなり、風通しも良くすることができました。
Re_00_01_18.jpg
■  トイレの仕上がりの様子

窓下までは桧ムク材の板で仕上げて、上壁は化粧板で仕上げました。

これで、トイレも清潔感のある明るい雰囲気になっています。
Re_00_01_19.jpg
Re_00_01_20.jpg

スペースを全体に広げれば、使い勝手は良いのですが、家の強度や耐久性を考慮した場合に、絶対に除けられない柱があります。

その柱を除けることなく、空間を工夫して使いやすく考えられた施工を行えば、快適な「居住性」と「強度・耐久性」を両立させることが可能なのです。
Re_00_01_21.jpg
「安心して住める家造り」が正岡工務店の信条です。

知って得する魔法の“小冊子”限定プレゼント!

  1. ホーム
  2. 素敵だね!リフォーム実績状況愛媛県四国中央市川之江 N様邸