ウッドデッキ設置の様子

愛媛県松山市 K 様邸 愛媛県松山市 K 様邸 【リフォーム工事】 ・ウッドデッキの設置 ◎車椅子で屋外への出入りができるように工夫

ウッドデッキ設置の様子 椅子を利用するため、新たにスロープを設置する施工方法では、かなりの設置スペースを必要とします。
Re_08_01_04.jpg

そこで、限られたスペースでも快適に車椅子での移動が可能なように、テラスを利用した「デッキ」「リフト」を組み合わせて設置する方法をとりました。

【木組みの様子】 Re_08_01_05.jpg
木を組み合わせた部分に雨が当たり、木が収縮して隙間ができることを防ぐために、ボルトを使用せず、「込み栓」で仕事をしています。
Re_08_01_06.jpg
Re_08_01_07.jpg

Re_08_01_08.jpg

ボルトや金物を一切使用せず、組み立てていきます。金物に頼ると、取り付けは簡単なのですが、隙間ができて音も出るようになります。 呼吸する生きた木同士で組み上げる、先人からのにこだわります。

【リフトの設置の様子】 ロープを取り付けると車椅子の出入りは可能になるのですが、広い占有面積が必要となり、これまでの物干場所のスペースが無くなったり、他の部屋への出入りが困難になります。
そこで、部屋から簡単にデッキに出られ、外出も容易で、わずかなスペースで設置できるリフトを採用しました。 Re_08_01_09.jpg
Re_08_01_11.jpg
また、リフト本体に簡単な手摺が付いていたのですが、デッキまでの高さが60cmあり、安全性利便性を考慮して、木製の手摺を取り付けました。 Re_08_01_10.jpg
前へ  次へ

知って得する魔法の“小冊子”限定プレゼント!

  1. ホーム
  2. 素敵だね!リフォーム実績状況ウッドデッキ設置の様子