住まいのメンテナンス 対応事例(No.2:先人の知恵)

■感謝の気持ち

Re_16_02_01.jpg
50数年間、雨風に耐えてきた瓦に感謝の気持ちを込めて、お酒でお礼をして瓦を除けていきます。

 材木の様子

Re_16_02_02.jpg
タル木、母屋、梁丸太、桁、他の材木など、すべて桧材を使用しています。
黒くはなっているのですが、腐食もなくしっかりしています。

Re_16_02_03.jpg

 隅木(振れ隅おさめ)

Re_16_02_04.jpg
隅木(すみぎ)は、入母屋造りや寄せ棟造りなどの屋根の四隅で、屋根勾配に合わせて軒桁や母屋に対して45°に取り付けられる小屋組の部材です。一般的には45°に収めますが、屋根の美観を考え、棟梁の個性が加味されて、隅木を半分、1本、1本半と振って、屋根地と妻屋根の勾配を変えます。

Re_16_02_05.jpg

 真鎌継(しんかまつぎ)の様子

Re_16_02_06.jpg

 長ホソの様子

Re_16_02_07.jpg
桧材(105mm×210mm)の桁は、上場までホソを伸ばしています。
※この地域は《やまじ風》という、台風より強い風の吹くところですので、小屋組を頑丈にしています。

 火打梁(ひうちばり)

火打梁の先端に蟻ほぞを作り、土台木に作った蟻穴にはめ込む、大入蟻落が見られます。

Re_16_02_08.jpg
【火打梁】とは
地震や台風の際、水平方向に変形するのを防ぐために斜めに入れる梁のこと。
1階の床に設けるものを「火打土台」、2階の床や小屋組に設けるものを「火打梁」と言います。

 図板(ずいた)

Re_16_02_09.jpg
図板には各部の寸法が書いてあり、大工が修理や増築の際に役立つようにしてあります。
これからも末永く使っていただきたいという思いを込めて、当時のままの状態で残しておきます。

 外装の様子

Re_16_02_10.jpg
土台・柱は桧材の化粧仕上げで、腰板には杉板を使っています。
50数年経った今でも、黒くはなっていますが、腐食することもなくまだまだしっかりしています。

屋根替えのご依頼があった際、風の強いこの地域で、50数年前の、金物に頼らない先人の大工仕事をこの目で見ることができると、とても楽しみにしておりました。

実際に目にした時、50年以上もの間、大きな修理を必要とすることもなく、外装の修理も最小限度で済む、先人のこの仕事に「住まい造りの原点」を感じずにはいられませんでした。

前のページ / 次のページ

知って得する魔法の“小冊子”限定プレゼント!

  1. ホーム
  2. 住まいのメンテナンス 対応事例(No.2:先人の知恵)