住まいのメンテナンス 対応事例(No.3:瓦葺き替え工事)

Re_16_03_01.jpg

点検をしながら野地板を張り替えていきます。

築でも、築50年の家屋でも、今と変わらぬ大工の仕事があります。
それは、釘打ちに見られる「千鳥打ち」です。

Re_16_03_02.jpg

【千鳥打ち】とは
タル木の破壊を防ぐために釘をジグザグに打つこと。
先人から受け継がれる釘の打ち方。

Re_16_03_03.jpg

現状のハフ板も使えなくはないのですが、今後のことを考えて、新しく造り替えることにしました。

Re_16_03_04.jpg

格子からの雨漏りを防ぐため、木連格子から今回「漆喰塗り壁」に変更します。

Re_16_03_05.jpg

尾の下の水抜きのトンネルです。

Re_16_03_06.jpg

ハフのスミ納まりの様子です。

Re_16_03_07.jpg

美しい瓦仕上げの様子です。

Re_16_03_08.jpg

これで瓦の葺き替え工事が完了しました。
この地域特有の、台風よりも強い《やまじ風》が吹いても安心して暮らしていただけるように、気持ちを込めて仕事をさせていただきました。

最近では墨が付けられない…ノミやカンナも使いこなせない…大工が増えています。

この家をメンテナンスする過程で、先人たちが残した仕事ぶりから、大工が本来大切にしなければならない仕事をたくさん見せていただきました。
改めてその大切さを強く再認識させてくれた先人の大工たちに、そして施主様に、感謝の意を表します。心から、ありがとうございました。

前のページ

知って得する魔法の“小冊子”限定プレゼント!

  1. ホーム
  2. 住まいのメンテナンス 対応事例(No.3:瓦葺き替え工事)